司法書士通信!資格を取得して仕事しよう

独立することも可能ですし、法律事務所などで手堅く働くということもできる司法書士はこれからの 将来性を考える人にとってのひとつの大きな選択肢ではないでしょうか。

TOP 過払い大阪 過払い請求 多重債務がある人の過払い請求

多重債務がある人の過払い請求

多重債務があるなら、過払い請求ができないかどうかを確認してみましょう。

2010年に貸金業法が改善され、過払い金の請求が行われるようになりました。しかし、請求には期限があるということをご存知でしょうか。

通常は、最後に取引した日から10年以内であれば、過払い金が返却される可能性があります。期限が過ぎた後の請求は難しいですが、完済後さほど期間を開けずに同じところから借りている場合は取引が連続していると見なされて、一度目の取引が時効になっていても請求可能なこともあります。

過払い金が発生しているのか、また、あった場合はどうすれば過払い請求できるかについては弁護士に相談してみると良いでしょう。

過払い請求についての考察

金融会社からお金を借り、借りたお金に対して利率の何割かを請求されたことがある方も多いことでしょう。現在では、過払い請求を専門とする弁護士もいます。テレビでもよくコマーシャルで流れています。

過去には過払い金に対して法律ではどうもできない部分もありました。現在では場合によりますが、過払い金に対して、少しでもお金が返ってくる可能性があります。

ひとりで借金に悩んでいる方や借金の返済が終わったが過払い金が発生していると感じる方は、過払い金請求を専門とする弁護士に相談すると気持ちも楽になる部分が出てくるのではないでしょうか。

個人で貸金業者へ過払い請求をすることが難しい場合もある理由

多くの金利を取り利益を上げていた貸金業者の中には、度重なる過払い請求の影響で倒産していたり、他の企業に吸収合併して昔と名前が変わっているところもあります。そのため、それを調査したり、法律に疎い個人の方が直接過払い請求を行うのは、容易ではない場合も多くあります。そこで、この問題が発生してから弁護士や司法書士の方々が専門の知識を活かして、消費者保護に乗り出しています。

例えば、相談料を無料にしているところもあるくらいです。そこで、実際に戻ってくる可能性がある金額などを合理的に考えて、頼りになる弁護士に判断を委ねることもできるシステムに現在はなっています。

過払い請求は諸刃の剣なのか

過払い請求という言葉を聞いたことがあるかと思います。これはかつて存在したグレーソーンと呼ばれる金利を再計算していくことです。再計算後多く払っていた金利を元金に充当し、更に余った分を取り戻すことができます。

ここまで聞くといい話のように思えますが、注意する点もあります。まず、キャッシングの話なのでクレジットカードのショッピングについては対象外です。また、時効が最後の取引から10年です。請求しても過払い金が発生せず、元金に充当しても借入が残りカードは使えなくなり、支払いのみ残る場合もあります。そうなると信用情報に記録が残ることにもなるので、請求する前に弁護士への相談をお勧めします。

過払い請求のメリットやデメリット

過払い請求は、キャッシングや消費者金融を利用した期間が5年以上あって、法定利率の18パーセントを超えてしまった利息分を、弁護士や司法書士に調べてもらって、消費者金融やクレジットカード会社から払い戻してもらう制度です。

長年金利が高く支払いに苦しい思いをしてきた方には、カード会社、消費者金融からの請求は止まりますし、無理のない返済に代えていくことができるので、生活が楽になるメリットがあります。

一方デメリットの方は、クレジットカード会社や消費者金融のブラックリストに載ることになるので、新たな借入やクレジットカードへの申し込みは一切不可能になります。

過払い金返還請求についての関連ページ

メニュー

司法書士通信HOME 司法書士 自己破産 過払い 過払い請求 過払い大阪 弁護士 離婚弁護士