司法書士通信!資格を取得して仕事しよう

独立することも可能ですし、法律事務所などで手堅く働くということもできる司法書士はこれからの 将来性を考える人にとってのひとつの大きな選択肢ではないでしょうか。

司法書士の職場

司法書士は法的な作業が多いため、弁護士事務所などでも働く事ができます。
また、独立開業型の資格ということもあり、個人で事務所をかまえて個人事業主としておこなう人も多くあります。

また、近年では、司法書士法人として、多くの司法書士の仲間と一つの法人として事務所を構えることも珍しくありません。

債務整理や会社設立の作業や借金相談など、仕事が多種にわたるため、忙しい仕事を1人でこなしていくよりも、ある程度の人数で事務所をまわしていくということをおこなっているのではないでしょうか。

近年では、司法書士事務所の看板を目にする事も珍しくなくなってきているのはこういった背景があるのかもしれません。
初めは、法律事務所などで下積みを積み、多くの事を実践で学び、その後に司法書士として独立する人も少なくありません。

司法書士に相手への督促を頼める

不動産登記の専門家である司法書士の中には、債務整理などの借金相談にも応じている事務所があります。 もし、消費者金融などからの借金返済で困っているような場合には、弁護士事務所よりも気軽に相談をすることができるでしょう。 事務所によっては、無料相談などを行っているところもあるので、まずは一度相談してみると解決への糸口をつかむことができる場合があります。

司法書士が間に入れば、相手方への督促が必要な場合なども、個人がするよりも効果的です。 最適な解決方法などを提案してくれるので、一人で悩むよりも解決は早いでしょう。

司法書士の1日の仕事の流れについて

司法書士の人が1日一体どのような流れで仕事をしているのか見てみましょう。まず朝事務所に来たらメールをチェックすることからはじまります。今ではインターネットが普及したこともあり、顧客さんとのやり取りはメールが基本です。

それ以降については都度、顧客さんとのやり取りなどにもよって異なってきます。顧客さんが日中来る予定がない時には基本的には裁判所や、市役所に足を運ぶことが多いです。役所などと相談したり、書類を取りよせるためには営業時間内に行く必要があるので、こちらを最優先にすることが多いようです。残業する人もいますが、ほとんどの人は18時過ぎで帰宅するようです。

司法書士の役割について

司法書士は身近な存在である法律家と言われていて、その仕事の内容は多岐にわたります。代表的な仕事内容として、登記の業務や裁判所に提出するような書類作成をあげることができます。弁護士との混同がされやすい仕事ですが、役割は別のものとなり、今後仕事内容は広がりを見せていくことが言われています。

また、近年においては弁護士不足で、司法書士が認定試験に合格できれば、制限はあるものの借金相談を行うことが可能になっています。借金相談は140万円以内に限られますが、弁護士よりも割安なことが挙げられ、ハードルも低いので、依頼しやすいのが特徴になります。

司法書士を目指す場合について

司法書士を目指す場合において、時として学校で習うことが困難な場合もあります。 その様なケースにおいては、独学で勉強をして資格取得をすることとなります。独学に場合においては、通信講座などの教材がまとまっていてお勧めです。

本屋などで販売されている参考書では、範囲が広すぎて効率よく勉強することが難しいからです。通信講座であればより資格取得に適した教材で勉強することができますし、資格取得において有効な手段をおこなうことができるからです。同じ様な状況で通信講座を受講している人は多いので、より具体的な勉強をすることができます。

司法書士が可能な取り扱い業務

法律に関する国家資格には様々なものが存在している中、司法書士が法律専門家として取り扱う事の可能な業務には、様々なものが挙げられます。会社の登記登録や借金問題に関する債務整理、裁判所や法務局への書類作成や手続き業務、さらに日常で起こるトラブルなど、一般生活における内容も数多く見られます。

相談業務が無料で取り扱われる機関も多く、費用が気になる方にとっても気軽に利用することができます。金銭トラブルや法律に基づいた判断が必要となった場合は特に、正しい知識や情報が必要になることもあり、困った時に頼りになる存在でもあります。