司法書士通信!資格を取得して仕事しよう

独立することも可能ですし、法律事務所などで手堅く働くということもできる司法書士はこれからの 将来性を考える人にとってのひとつの大きな選択肢ではないでしょうか。

法律の資格である司法書士の難易度

法律の資格はいくつかあります。

これらは国家試験として定められており、資格があるだけで法律家として事務所を立ち上げる事ができるほど、大きな影響があります。もちろん、会社の中で法律家として働く事もできます。そのため、資格を取るのも非常に難しく難易度は高くなっています。

一番難しいのは弁護士になる事ができる司法試験ですが、司法書士試験というのはその次に難しいと言われています。その合格率というのはわずか3パーセント程度しかないと言われています。

この数字を見るといかに試験に合格するという事が難しいかという事が少しは分かると思います。

しかし、司法書士試試験に合格できれば大きな喜びを感じる事でしょう。

司法書士へ相談できる事について

司法書士が担う業務内容としては、会社の登記や借金の債務整理、また裁判所や法務局などへの提出書類作成など多岐にわたります。無料で相談窓口が設けられている事務所なども数多く存在しており、何か問題を抱えた時には費用を気にすることなく相談することができます。

実際に依頼するまでに至った場合、面倒な手続きなども全て任せることができるため、日常生活のペースを変えることなく、必要な手続きが進められます。また、日常において発生しがちなトラブルや、法律に関わるかどうか分からない問題等についても、対処されることがあります。

業務内容も特徴的な司法書士

司法書士法の規定に基づいて業務が取り扱われている司法書士は、登記の代理登録、裁判所や検察、法務局などへの提出が必要な書類の作成を中心として、数多くの事項や内容の物が取り扱われています。

不動産の売買や、会社の立ち上げ、借金の債務整理や離婚トラブルなど、様々な案件に適切に対応してもらえるだけでなく、電話やメールでの無料相談が行われている事務所機関も数多く存在しています。

また弁護士と同じような業務を扱える場合もあり、弁護士への依頼よりも費用が安く抑えられることもあります。問題を速やかに解決させるために、上手く利用することが重要です。

女性の司法書士について

女性の人からすると男性の司法書士は少し怖く、相談しにくいと言う人もいるかもしれません。最近では女性の司法書士も増えてきており、改めて女性の働き方に注目が集まっています。

資格を持っていれば男女の性別に関わらずつける職業のため、育児に専念するために辞めてしまったとしても何年後か復帰しやすいというメリットはあるようです。またフルタイムで働くことが難しい人でも、何時から何時まで働くといったパート形式での働き方も大きな事務所では取り入れており、優秀な女性職員がなるべく働き続けることができるような環境を整えてきている事務所も増えています。

メリットも多い司法書士への依頼

法律に関わる国家資格のうち、裁判所や検察庁、法務局へ提出される書類の作成や、登記登録を中心として取り扱われている専門家が司法書士です。借金問題や遺産相続など、法律が関連する手続きや書類提出、さらに起業する時や不動産の売買を行う時に関連業務として発生する登記の登録手続きなど、日常生活でも見られがちな問題に丁寧に対応されます。

また交通事故の発生時における慰謝料請求や、多額の借金問題など、弁護士への依頼が必須な案件もあるものの、弁護士と同様に取り扱われている業務については、弁護士よりも依頼費用が安いとされています。

業務内容も幅広い司法書士

法律に基づいて取り扱われている司法書士としての業務内容には、登記の登録、裁判所や法務局などへ提出が必要な書類の作成などが主に挙げられます。不動産の売買が行われる時の建物に関する登記、さらに会社を起こす際の登記手続きなどが専門的に行われている他、借金問題に関する債務整理、日常的に発生しかねない様々なトラブルなどについても対処してもらえます。

電話やメールでの相談窓口が設けられている機関もあり、費用を気にすることなく気軽に相談することも可能です。問題の速やかな解決のために、頼りにしたい存在でもあります。