司法書士通信!資格を取得して仕事しよう

独立することも可能ですし、法律事務所などで手堅く働くということもできる司法書士はこれからの 将来性を考える人にとってのひとつの大きな選択肢ではないでしょうか。

TOP 過払い大阪 過払い請求をするべきメリット

過払い請求をするべきメリット

過払い請求の確認はそのかたの状況にもよりますが、面倒と思わず確認したほうがよいと思います。おもに弁護士事務所が窓口であり、最初は無料なのがほとんどです。返済が終わってしまうと安心しがちですが、調べてもらうと意外なことが判明します。

想像以上に過払い金がかえってくることもあります。払い終わると借金がなくなり、過去のこととして終わらせても、自分の資産が減るのはありませんが、かえってくればそのまま資産となります。返すのに苦労した人は、とくに喜びにかわります。ダメ元でも、確認するのは、ほとんどが無料なので、多少でもまずは問い合わせてみてはいかがでしょうか。多重債務のかたは返ってくると思います。

過払い請求をする理由

過払い金、過払い請求という言葉は、よくコマーシャルで耳に入ってきますが、どのようなものなのかいまいちわかりません。

過払い金は消費者金融などの機関やクレジット会社などが、利息制限法で定められた上限を超えて取り続けた利息金額の事です。それは利息制限法を超えていても出資法の上限には満たない金利、グレーゾーン金利です。

このグレーゾーン金利が過払い金の請求の対象になります。過払い金の相談は司法書士と弁護士にできます。認定司法書士は140万円以下の場合のみ交渉・訴訟ができます。弁護士は過払い金の請求を金額の制限なく交渉・訴訟を行うことができます。

過払い金返還請求についての関連ページ

貸金業者から過払い請求ができる可能性が高い方について

過払い請求の原因となるグレーゾーン金利は、2006年に撤廃され、2010年に法律が施行されました。そのため、大手貸金業者は撤廃されてからすぐに金利を改定している場合が一般的になっています。

2007年以前にカードローンや消費者金融で高い金利を支払い、お金を借りていた方がこの対象になることがほとんどです。また、実際に戻ってくるお金の額は、過払い請求を専門とする弁護士事務所のサイトなどでシミュレーション計算できる場合もあります。その期間にお金を借りていた可能性のある方は、一度計算してみても良いかもしれません。

気軽に相談できる過払い請求

過払い請求は、2018年12月以前に完済した方や、完済から10年以内が対象になっているという条件があります。これらの条件に当てはまる方には、過払いが発生している場合があるのです。

過払いがあるか不明な場合は、弁護士に相談してみましょう。代理人として業者との交渉や訴訟を請け負ってくれます。

手続きが面倒、相談するのが恥ずかしいと躊躇している間にも、過払いを取り戻すチャンスは失われていきます。不明な点や不安なことがあれば、弁護士が丁寧に教えてくれます。請求期限が切れてしまう前に、ぜひ無料相談をしてみてください。

過払い請求で気持ちもスッキリ

最近メディアなどでも見聞きすることが多いのが、過払い請求です。過去に借金があった方は興味があると思いますが、借金があったことを知られたくなかったり、手続きが面倒だというイメージもあって、なかなか相談できていない方もいるのではないでしょうか。

過払い請求専門の弁護士や認定司法書士が代理人となり、請求や訴訟をおこないますので、法律に詳しくない方でも安心です。ぜひ相談してみてください。

過払い金があるかの診断や着手金が無料の法律事務所などもありますので、賢く利用して払いすぎた利息を取り戻せれば、気持ちの整理もつくことでしょう。

メニュー

司法書士通信HOME 司法書士 自己破産 過払い 過払い請求 過払い大阪 弁護士 離婚弁護士