司法書士通信!資格を取得して仕事しよう

独立することも可能ですし、法律事務所などで手堅く働くということもできる司法書士はこれからの 将来性を考える人にとってのひとつの大きな選択肢ではないでしょうか。

遺言書のお手伝いを行う行政書士

弁護士や司法書士に遺言書の作成の代行や、お手伝いをしてほしいという事で依頼する事ができます。しかし、弁護士や司法書士の他にも書類作成のプロフェッショナルである行政書士が遺言書の作成をする事もできます。

遺言書には、自分で作成する自筆証明遺言と呼ばれるものと、公証人が記述する公正証書遺言などがありますが、これらの依頼を行政書士にお願いするという人も多い様です。

弁護士や司法書士となると敷居が高い感じがして、近寄りがたいという人もいます。

遺産の金額がそれほど多額ではない場合でも、なるべく気軽に相談したいですね。個人的な事ですので、気軽に相談できる人を選びたいという人もいます。

遺言書作成で知っておきたいこと

遺言書を作成しておきたいと思っても、何にどのように記述すればいいのか疑問に思い、なかなか書き始められない人は少なくありません。遺言書作成は、法律に従っておこなう必要があります。記述方法が間違っていると、遺言書として認められません。

また、遺言書は自分の死後、家族が見つけられる場所、金庫など家族が確認する可能性が高く安全な場所に保管しておくと万全です。作成時には、遺留分を考慮することが大切です。配偶者、家を継ぐ子供、直系卑属が一定の条件を満たした場合に限って保障される遺留分の存在を知らない人も多いのが現状です。

遺言書作成が必要な人はどんな人?

遺言書作成は一体どのような人が積極的に行った方がいいのでしょうか?まずは子供がいないご夫婦の場合には、親族の間で誰がどれくらい遺産をもらうのかという協議でトラブルに発展しやすいので、誰にいくら、誰にどの遺産をといった形で遺言書を残してあげた方が将来のことを考えると親切です。

また子供もおらず、既に配偶者にも先立たれてしまい、親族的な所から見て誰も相続人にあたる人がいないという人は残された遺産をどのようにするのかを、第三者に伝える必要がありますので、ある程度振分けを考えて遺言書作成をしておきましょう。

遺言書作成のポイントについて

遺言書作成をしていくなかで、いくつかのポイントがあります。最初のポイントとしてあがってくるのが、遺言書の作成方法になります。作成する方法としては、自筆証書遺言や公正証書遺言、秘密証書遺言などの方法があります。

一般的にはこの3つの方法から、遺言の作成方法を決めていくことになります。また、自分だけで作成していく場合には遺言書キットなども販売されていますので、そのようなツールを使用し作成していくことです。記載方法によっては、無効になってしまうケースがあり、心配な場合には専門家と相談しながら作成していくことおすすめします。

司法書士は借金問題に責任を持って対応します

一般的な遺言書作成として利用されるケースは少ないとされていますが、遺言の記載内容を他の人に知られたくないケースにこの方式が採用されます。遺言書は代筆などできないので本人が作成を行い、署名や押印をおこなった上で封印し、その後に秘密証書遺言だということを2人以上の証人や公証人に認められなければいけません。

内容が秘密で誰にも見られていないので、自筆証書遺言のケースと同様で、万が一内容に不備があった場合においては、無効になってしまうリスクもあります。このような点を踏まえて遺言書作成をしていくことをおすすめします。

司法書士 大阪は浮気離婚インフォ