司法書士通信!資格を取得して仕事しよう

独立することも可能ですし、法律事務所などで手堅く働くということもできる司法書士はこれからの 将来性を考える人にとってのひとつの大きな選択肢ではないでしょうか。

TOP 過払い大阪 過払い請求 過払い請求の時効について

過払い請求の時効について

CMなどで度々耳にする過払い請求ですが、思い立ったときにいつでもできるというものではありません。過払い請求には期限が決められており、完済後10年以内に手続きを行わないと時効とみなされてしまうのです。

過払い金相談をする目安としては、グレーゾーン金利が発生していた時期に借り入れをしていたかどうかがポイントとなります。平成19年以降は利子率が18パーセントまでと決められ、違反している金融機関はまず無いといっていいでしょう。もしも該当期間に返済をしていたのであれば、弁護士へ債務整理相談をする際に併せて調べてもらうことをおすすめします。

自己判断はおすすめできない過払い請求

CMなどでも流れているので、一度は耳にしたことがある「払いすぎたお金が戻って来る」という過払い請求の話ですが、きちんと情報収集をして、信頼できそうな弁護士などを探した上でおこなわないといけません。

かといって、自分だけで手続きを進めていくのは、そう簡単なことではありません。

過払い請求は、利息制限法の上限金利を超えて支払ったお金を、貸金業者などから返してもらうという法律で認められた権利です。

自分も対象になるのかなどと悩まずに、まずはきちんと専門家に話を聞いてもらい、自分の納得のいく上で話を進めてもらうことが、解決の近道となるのです。

過払い請求の依頼先について

過払い請求というのは、借金を完済している場合、完済から10年以内であれば過払い金の返還請求ができることをいいます。そして、請求の依頼先については、弁護士、司法書士(認定司法書士のみ)の2種類があります。

請求の依頼先の違いについては、認定司法書士においては、借金の金額および過払い金が140万円以下の場合に限り、法律相談や貸金業者との交渉、訴訟などを行うことができます。一方、弁護士においては、借金や過払い金の金額制限がなく、法律相談、自身の代理人として貸金業者との交渉や訴訟が可能です。

過払い金の請求をする場合には、どちらが自分に合っているか、検討することも大事なようです。

過払い請求についての説明

過払い請求は、約10年前に当時認められていた出資法で定めていた利息を、過去の支払いを利息制限法に引き直した利息の差額を、弁護士(一部の司法書士)を介して、過払い金返還請求の裁判を起こして、払いすぎていた利息を返金してもらっていました。10年前に遡って請求ができましたが、現在では一時期に比べると件数自体は減っています。

一昔前は電車内広告やテレビCMなどで宣伝もしていたのですが、その数も減りつつあります。利息も当時に比べると格段に下がっているため、貸金業者の数も無人契約機の数も淘汰されて、かなり減っているのです。

過払い請求ができる方の条件

消費者金融などの貸金業者からお金を借りて、借金返済をした経験がある人は過払い請求ができるか弁護士に確認してみましょう。借金返済時にかかっていた利息がありますが、利率が変動したことによって、必要以上に多い利息を払っていた方がいるかもしれないのです。

善良な貸金業者ならば利息を再計算してすぐに適切な返済額に変えてくれるのですが、中には利率が変動しても再計算しなかった業者もいるので、過払い金というものが発生してしまったのです。

過払い請求を行うことで余分に支払っていた分の金額を取り戻すことができるので、現在別の借金を返済している方は、そこに充足できます。

過払い金返還請求についての関連ページ

メニュー

司法書士通信HOME 司法書士 自己破産 過払い 過払い請求 過払い大阪 弁護士 離婚弁護士