司法書士通信!資格を取得して仕事しよう

独立することも可能ですし、法律事務所などで手堅く働くということもできる司法書士はこれからの 将来性を考える人にとってのひとつの大きな選択肢ではないでしょうか。

昔から変化している司法書士

昔は法律系の資格で弁護士や司法書士などの資格を取ると、その後の仕事に活かせるケースというのが多く、多くの人は高収入を得られる事ができたみたいです。しかし、今となっては、かなり状況は変化している様ですね。

取得するだけで非常に難しい司法書士の資格ですが、仕事を得るのがやっとという人もいる様です。仕事を始めたばかりの人であれば、それほどの年収が得られない状態の中で頑張っている人もいる様ですね。

更に他の法律系の資格では弁護士の中にもそれほど多くない収入で頑張っている人もいる様です。

法律系の資格を取って仕事をするからと言って、必ずしも安泰とは言えないみたいですね。

あらゆる状況に対応可能な司法書士

国家資格として認められている司法書士は、法律に関する専門家という位置づけでもあり、借金問題や遺産相続など、一般生活において可能性の考えられる問題だけでなく、会社や建物の登記登録、法務局や裁判所への提出が必要な書類作成など、幅広い事項が業務内容として取り上げられています。

弁護士は業務内容が多少異なるものの、相談や依頼を行う利用者に対して親身に対応してもらえるため、法律に関する問題に困った際などには、二人三脚のような立ち位置で一緒に対応してもらうことができます。速やかな対処によって、より大きなトラブルへの発展を防げます。

書類作成などを中心に行う司法書士

法律に関する国家資格には様々なものがあり、中でも弁護士との違いとして比較されがちな存在が司法書士です。借金に関する債務整理や交通事故発生時の慰謝料トラブルなども取り扱う事が可能ではあるものの、より多く業務として取り扱われているので、登記登録や書類作成です。

起業する場合や不動産売買が発生した際の、会社や建物に関する登記事項、さらには裁判所や検察庁、法務局への手続きや書類提出が必要となった場合の対応など、日常生活において浮上する問題に対しても速やかに対処されます。手続きに期限が設けられているなど、正しい情報も入手できることでしょう。

司法書士試験に合格しなくても働ける?

実は一つだけ司法書士試験に合格しなくても、働ける方法があります。それが裁判所事務管や、検察事務官などを10年以上働いた人です。ただこの2つの職業に従事していればいいのかという訳ではなく、10年以上働いた上で、かつ法務大臣から承認がおりた人だけがなれます。

「大学を卒業してすぐに」「今すぐに」司法書士として働けるようになるわけではありませんが、試験を受けなくていい分確実に就ける可能性は上がります。様々な職業について働いてみるのも自分のためになります。こういった仕事に興味がある人はこのようなルートも考えてみてはいいのではないでしょうか?

司法書士についている制限について

司法書士は相続相談や、自己破産、任意整理、過払い金請求などのお金に関するような相談ごとの対応もしていますが、実はここで弁護士・法律事務所と大きく異なっている点があるのです。

それが弁護士に関してはどの分野においても出来ない仕事はあるにしろ、金額で制限されるような事はありません。しかし司法書士に関しては扱う金額が140万円を超えるようなことがあった場合には自分の手に負えることができなくなりますので、依頼を受けることができません。これは法律上決まっているもので例外なく、誰でも金額がオーバーしていると受ける事はできません。

司法書士になるためには

司法書士になるためには国家資格が必要です。まず、どのような資格が必要になるのかというと、国家試験の司法書士試験を合格する必要があります。こちらの試験には「何系の大学を出ていないとダメ」「何科に何年以上属していないとダメ」といった制限はなく、誰でも平等に受けることができます。

受験回数にも制限がないため誰でも何回でも受かるまで受験を続けることができます。然し合格率は全体の3パーセントと非常に低く、いかに難しい試験であるかを伺うことができます。独学で勉強して受かる人もいますが、専門学校などに行って専門の先生に教わってから十件する人が多いです。